最近のトラックバック

« World Championship cat show ASH編 | トップページ | 久しぶりの子猫 »

World Championship cat show 目に止まった猫編

1000頭もの猫がいるのですから、良い猫は当然たくさんいました。

その中でも気になった猫たちを紹介します。

688oci

まずはコレ、7ヶ月のオシキャット。ぱっと見た瞬間あまりにも凄くてしばらく見入ってしまいました。この写真だと7ヶ月にしては小柄に見えてしまうかもしれませんが、それは、ハンドリングしてるブリーダーさんがデカイから相対的に小さく見えるだけで、実際には7ヶ月の割りには大きいです。

ちなみに、今回のショーで一番を決めるBest of Bestはこの子が取ったそうです。

695oci

その隣にいたのがこのChocolate Silver。このクッキリ・ハッキリのスポットは負けてないですよね。

167eb

こちらはかわいい、かわいいヨーロピアン・バーミーズの子猫。まだ4ヶ月になったばかりだそうです。最初ブリーダーさんはトーティ(毛色の事)としか言ってくれなかったのですが額部分にブルーがあったので「これは大人になったら消えるの?」と聞いたら、「この子はLilac Tortieだからこのままよ」と教えてくれました。

同じケージにはGCもいたのですが「キツンの方がいいなー」と思っていたらブリーダーさんもヘッドタイプはキツンの方が良いと言ってました。

910tnk

こちらはトンキニーズ、Platinum Pointです。8Ringファイナルに残ってましたね。淡いアクアのアイカラーが素敵です。

789per

Blue-Whiteのパージャン。まだまだ勉強不足なのですがとってもゴージャス。

738ex

いまカタログ見たら第9リジョンの猫なんですね。しかし、この腕の太さw 見るからにムチムチしてますよね。
この他にもソリッドパージャン、ロシアンブルー2匹、ブリ、メインクーンのキツン、REXと写真を撮りたかったのですが、チャンスがありませんでした。ショートの猫は全部ハンドリングさせてもらいましたが、ロングの猫は触ってません。グルーミングを台無しにしてしまったら大変なので。

« World Championship cat show ASH編 | トップページ | 久しぶりの子猫 »

「猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110525/56171079

この記事へのトラックバック一覧です: World Championship cat show 目に止まった猫編:

« World Championship cat show ASH編 | トップページ | 久しぶりの子猫 »

poque


2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Spica

  • 060505_154857_01
    Spica Aby の猫たち

Cherubin

  • 060824_163800
    Cherubin Cattery の猫たち