最近のトラックバック

« 妻の誕生日 | トップページ | ミシュランガイド東京2008 »

注目のショー

11月も3週目に入りました。

そう、11月の第3木曜日はボジョレーヌーボの解禁日!

いやいや、それは関係なくて・・・猫の話し。

 

毎年この時期はアメリカでInternational Cat Showが開催されるのですが、アメリカでも年々出陳頭数の減少がおきておりまして、このインターナショナル・キャット・ショーも赤字になる事が多くなり、ついに今年はキャンセルになってしまいました。

いくら頭数が少なくなったとはいえまだまだレベルが高い猫の出陳はあったので、そういう猫たち、そのブリーダーさんたちと会える絶好の機会が無くなってしまったのは非常に残念です。去年だって、後のナショナルウィナー(NW)がアメリカンだけで合計4頭もいたんですよ!そういった猫達はやっぱり光るものを持っていて、ひと目見ただけで「おっ、この猫は違う!」とわかるんです。だから全部ハンドリングさせてもらいました(^^)

実はインターナショナル・キャット・ショーはお祭りの一種なので勝ってもアワードポイントには加算されません。そういうのもあってか年々出陳頭数が減っているみたいなんです。で、キャンセルが決まった次の日には第4リジョンと第6リジョンのディレクター同士が話し合い、合同リジョナルショー(エントリーリミット500頭!)の計画が立ちすぐに動き出しました。これはアワードポイントに加算されるので、NWを狙うオーナーたちにとっては非常に注目のショーになりました。

しかし、これを他のリジョンが手をこまねいて見ているハズがありません。すぐに第2と第5リジョンも合同ショーの開催を決定(こちらもエントリーリミット500頭!)。アメリカのトップブリーダーたちのガチンコ対決が見られるショーだけに絶対に見に行きたかったのに・・・今年は日本で過ごすなんて_| ̄|○

島国、日本ではどことも協力できないし、また競争もアメリカに比べそんなに激しくないせいかショーに対して貪欲な人が少ないです。高い目標が無いので勉強もしない、スタンダードに対する理解も深まらない、グルーミング技術も上達しない。ただ、猫をかわいがっていれば良いだけです。

先日のグルーミング・スクールのアイゼンバーグ夫妻の話しを聞いていても凄く勉強熱心なのがストレートに伝わってきました。

日本のブリーダーも、もっと世界に目を向けてもいいと思うのですが・・・。

« 妻の誕生日 | トップページ | ミシュランガイド東京2008 »

「猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110525/17095626

この記事へのトラックバック一覧です: 注目のショー:

« 妻の誕生日 | トップページ | ミシュランガイド東京2008 »

poque


2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Spica

  • 060505_154857_01
    Spica Aby の猫たち

Cherubin

  • 060824_163800
    Cherubin Cattery の猫たち