最近のトラックバック

« ルシャナにヒート | トップページ | 赤ちゃん大好き »

実はもう一人・・・

070225_214111

セーラは出産後、なかなか体調が良くなりません。食欲が無いので子猫たちに与えられる十分な量のオッパイが出ないので、猫用の粉ミルクをといて3時間おきに与えなければなりません。昼も、夜中も・・・。これってけっこう大変なんですが私と妻とで交代にやっています。

たしか、ピッツァのお産のときもミルクをあげていました。というのもピッツァの場合は、オッパイが張りすぎてミルクがなかなか出てこなかったのです。蒸しタオルで暖めたり、揉んだりして柔らかくしようとするのですが本人がイヤがり大変でした。でも、一番効果的だったのが、なんと

毛穴吸引機!

よく顔にあててウィーン、ウィーン、とやり毛穴の汚れを取るヤツ。ありますよね?あれをピッツァの乳首に押し当てて、ず~~~~~っと、ウィーン、ウィーンとやっていたら、なんと出るようになったんですよ(@_@;)マジで! これにはビックリしましたが、イヤ、出るようになって本当に助かりましたね。

 

さて、実は昨日もう一人出産した子がいます。

去年のインターナショナル・キャット・ショーの時に連れて帰ってきた猫でパフィーといいます。彼女はなんとシルバータビーではなくブルーシルバータビーという毛色なんです。ブルーシルバータビーとはシルバータビーにダイリュート遺伝子が作用したものでブルーの縞模様にホワイトのアンダーコートを持っています。

シルバータビー専門キャッテリーと言っているのになぜブルーシルバーの猫を入れたのかというと、この子にジュニアサンデーを交配すると、まず間違いなくシルバータビーの子猫しか産まれないからです。ウチのようにカラーだけでなく血統にもこだわって繁殖していくとなるとどうしても血が濃くなりがちなので、全く違ったラインの猫を入れる必要がありました。しかし、私が求めている血統の猫は日本にはいませんし、アメリカでも数が少ないんです。そこで目をつけたのがカナダ。そこには私が求めていた血統の猫がまだいたんです。パフィーが産まれたその日に連絡をもらい、即決でした「日本に連れて行く」。

残念ながらパフィー自身はGCになれるクオリティーではありませんが、きっと素晴らしい子猫を作ってくれるでしょう。

さて、そのパフィーの赤ちゃんたち(お父さんはジュニア)ですがウチにしては珍しく100g以上で産まれてきました。メスオスメスです。こちらはパフィーのオッパイが良く出ているようなので心配なさそうです、C=(^◇^ ; ホッ!

« ルシャナにヒート | トップページ | 赤ちゃん大好き »

「猫」カテゴリの記事

コメント

セーラちゃん、産後の肥立ちが悪いんですか? とっても心配・・・。早く体調が戻るといいですね。何しろ、檸檬の兄弟の中で実は一番気に入った子だったので気になります。
で、人が3時間おきの授乳ですか・・・。人間の赤ちゃんも新生児の時は3時間おきですから、一緒なんですね。あれは起きるの疲れますよね。
毛穴吸引機がおっぱいのつまりを解消するってのはアイデアですね!とにかくよく吸ってもらうのが母乳を出す秘訣といいますから、その道理ですね。
パフィーちゃんなんて新入りさんがいたんですね。会いたいです。ブルーシルバータビーって見てみたいです。

>harumi さん
セーラのオッパイが全く出ない状況だったら、3時間おきではなく2時間おきにやることになります。あまり変わらないですけどね(T_T) ですから今は、私も妻も、家にいるときはほとんど猫部屋につめています。
毛穴吸引機で上手くいったときは「マジかよ!」とビックリしましたが・・・、色々やってみるものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110525/14072709

この記事へのトラックバック一覧です: 実はもう一人・・・:

« ルシャナにヒート | トップページ | 赤ちゃん大好き »

poque


2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Spica

  • 060505_154857_01
    Spica Aby の猫たち

Cherubin

  • 060824_163800
    Cherubin Cattery の猫たち