最近のトラックバック

« ミキ:新しいお家へ行きます | トップページ | ルシャナ:新幹線に乗る »

出戻り娘

日曜日にミキが新しいオーナーさんのところに行ったと思ったら、そのオーナーさんからすぐ電話がかかって来た。どうもミキとランの折り合いが良くないらしい。いくらリターメイトとはいえ3週間も離れてしまったら、安全策として初めは後から来た猫をしばらくはケージに入れて先住猫と馴れさせる必要があるのだが、どうもいきなり2匹を同じ部屋の中ご対面させてしまったらしい。

いきなり新しい猫が入ってきたらそりゃぁケンカにもなるわな。2匹ともエタの子供だからそこそこケンカは強いだろうし…。そうしたら、その様子を見たオーナーさんが今度はパニックになってしまい「もうこの2人は一緒に出来ない!」と思い込み「すみませんが、今からこの子を返しに行きます!

と、わずか2時間でミキは出戻ってきました(;一_一)

う~ん、ちょっと辛抱が足りない気もしますが、返したいというのを無理やり押し付けるわけにもいかないので、そのまま引き取りましたが・・・。

というわけで、ミキは、またまたウチの子になりました。
そして元気に走り回ってます\(^o^)/

« ミキ:新しいお家へ行きます | トップページ | ルシャナ:新幹線に乗る »

「猫」カテゴリの記事

コメント

うーん、どういう風にご対面させたのかは分かりませんが、やっぱりケージに入れて様子を見させる時間は必要ですよねぇ。うちは檸檬と楓は同じ日に連れてこられた子猫だったので同時に放ちましたが、後から来たさくらは、ケージ越し(というか、キャリーバッグ越し)対面をしばらく続けてから、放しました。キャリーバッグもしばらく出しっぱなしにして直接接触の機会は最初は少なくしたけど、距離感が縮まるのには時間が掛かりましたねぇ。1ヶ月くらいかな? これはさくらの性格だけだったらもっとかかったでしょうが、檸檬と楓の鷹揚な性格が幸いしたのだと思います。先住猫のキャラクターしだいではもっと掛かったかもしれません。

うちは檸檬と楓が仲が良くなりすぎたので、そこに割って入るのは並大抵ではなかったので、さくらは大変だったと思います。今はいい関係ができてますが、本当の意味で家族同然になるまでには、気づけば半年経ってますから、人間の側に辛抱強く距離が縮まるよう見守る忍耐力と、努力と工夫は必要ですよね。

まったくおっしゃる通りです。
今回は、姉妹、そして別れていたのが3週間という比較的短い期間ということで、オーナーさんも油断してしまったようです。また、私がもっと強くアドバイスをしておけばよかったです。反省。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110525/11757344

この記事へのトラックバック一覧です: 出戻り娘:

« ミキ:新しいお家へ行きます | トップページ | ルシャナ:新幹線に乗る »

poque


2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Spica

  • 060505_154857_01
    Spica Aby の猫たち

Cherubin

  • 060824_163800
    Cherubin Cattery の猫たち