最近のトラックバック

« 二重キバ | トップページ | 機嫌が良い妻 »

ピンクのランちゃん

キャンディーズは、もうそろそろ4ヶ月になる。その内ランはすでに新しいオーナーさんが決まっているので、避妊手術を行ないました。

Photo_6 デメル、エヴァンと違って箱入り娘たちのキャンディーズ。ランは家の外に出るのは初めてで、ルナの時みたいにおたけびをあげるのではないかと心配でしたが、全然問題ありませんでした。ときどき電車の中で小さく「ニャオ・・・ニャオ」と鳴くぐらいでしたね。

手術は卵巣摘出だったので傷口は1cmにも満たないほど小さく、個体に与えるダメージは最小限なので安心できます。しかし、そこはやっぱり猫ですから傷口を舐めてしまうので、包帯というよりもネットは欠かせません。たいていの場合このネットは白なんですよね?でも、ここの病院はピンクを付けてくれました。女の子だからですかね。カワイイ。

当のランは元気一杯です。日本の獣医さんは個体がある程度成熟してからじゃないと去勢・避妊手術をしてくれない方が多いのですが、アメリカではペットとしてだす場合は4ヶ月でやるのは当たり前になっています。先日出席したロイヤル・カナンのセミナーでは、ペットの救済センターみたいなところが新しいオーナーに子猫を渡す場合、去勢・避妊を条件にて渡しても結局やってくれない人も多くそこからまた望まれない命が増えてしまうので、手渡す前に子猫が2ヵ月半ぐらいの場合でも手術をやってしまうそうです。しかし、だからと言って問題は出てないそうなので「個体が成熟してから手術をするべき」というのは医学的根拠は何も無いようですね。

« 二重キバ | トップページ | 機嫌が良い妻 »

「猫」カテゴリの記事

コメント

かわいいですね。しかも伸縮。うちはただのさらしでした・・。前向きに捕らえて、「移動した脂肪がたるまないように伸びない素材にしているに違いない!(人の産後ニッパーのように)と信じることにしていました。・・・ピンク、うらやましい・・・。

でも、うちの医院でも本当は1歳以上でないとしないけど、事情があれば早くしますとのことでした。体力が持つかどうか、ということもあるのと、女の子だと卵巣の成熟が足りないと、手術の際に見落として取りきれなくて再手術になってしまうことがあるからだと言われています。実際に早く手術をしすぎて、再度回復手術をしたにゃんこも他の病院ではあるのを聞いています。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、首元を襟みたいに折り返してるんですよ。単なるオシャレなのかと思ってめくってみたら、脱げないように首輪みたいにテープで止めてありました。病院によっていろいろですね。

子猫の時の手術は大人よりは確かにリスクが多少高いのかもしれませんが、私は結局は医師のウデだと思います。いろいろな獣医さんのところに行ってみましたが「こいつ本当に大丈夫なのかよ」という方も多くいたのは事実ですからね。中には本もたくさん書いている有名な方もいましたから、やっぱり獣医選びは難しいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110525/10978536

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクのランちゃん:

« 二重キバ | トップページ | 機嫌が良い妻 »

poque


2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Spica

  • 060505_154857_01
    Spica Aby の猫たち

Cherubin

  • 060824_163800
    Cherubin Cattery の猫たち