最近のトラックバック

« ハリケーン | トップページ | 秋茄子は嫁に食わすな »

相変わらずペットのオークションって

相変わらず、ペットのオークションではいいかげんな物がまかり通っているようだね。
ちょっと、今日、のぞいて見たら「レッドタビー」「ブラウン・マッカレル・タビー」になっていて産まれた子猫がレッド・マッカレル・タビーの女の子として出品されていた。

レッド
ブラウン
の組み合わせからは

レッドの女の子は産まれません

ここでちょっとお勉強タ〜イム!

シルバータビーとかブラウンタビーブルータビーというのは、分けるとなると「」猫なんです。それに対してレッドタビーカメオクリームといったカラーは「」猫なんです。では、その黒とか赤というのはどこで決まるのかというと、これはX染色体の中にその遺伝子があるんですね。

これをレッドタビーのオスで例えると、オスだから染色体はXYの組み合わせだよね。この猫はX染色体1個しか持ってないからオスなわけです。で、そのX染色体に「」の遺伝子を持ってるからレッドタビーのオスになるんです。

対して、ブラウンタビーのメスは、メスだからXXの組み合わせですね。この場合、ブラウンタビーなのでこのX染色体は両方とも「」の遺伝子を持っていることになります。ちなみに、どちらかのX染色体が「」もう一方が「」だったらブラウンパッチド・タビーになります。つまりミケ(三毛)。三毛猫はメスしかいないと言われるのは、こういった理論からです。

話しを戻します。つまりこの子猫の両親は以下のようになりますね

レッドですから」のX染色体を1つだけ
ブラウンですから「黒」のX染色体を2つ

この出品されている子猫はレッドの女の子ですから、X染色体を2つ持っていなければなりません。そして、そのX染色体は両方とも「赤」の遺伝子を持ってないとおかしいのです。しかし、父猫からは「」の染色体を受け継ぐことが出来ても、母猫からは受け継ぐ事が出来ません。つまりこの組み合わせだとレッドの女の子は産まれないハズなのです。

しかし、実際にレッドの女の子が産まれたんだとしたら、それは

・母猫の毛色が間違って登録されている
・親猫を偽っている

の、どちらかでしょう。まぁ、どっちにしてもいいかげんだな。

※ここでは便宜上「赤」の遺伝子と説明しましたが、正確にはオレンジ因子です

« ハリケーン | トップページ | 秋茄子は嫁に食わすな »

「猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110525/6150834

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずペットのオークションって:

« ハリケーン | トップページ | 秋茄子は嫁に食わすな »

poque


2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Spica

  • 060505_154857_01
    Spica Aby の猫たち

Cherubin

  • 060824_163800
    Cherubin Cattery の猫たち